Visual C#で、データベースに作成されているテーブルの情報を確認する方法です。
※SQLiteを使うのでインストール済みの状態です。

 

■実行結果

■かんたんに解説
14~29行目:テスト用のDBを作っているだけなので、以前の記事と同様に。。

38行目:今回はここが大事!テーブルの情報が確認できるやつらしいです。(sql_master)

43行目:あとはテキストボックス内に表示してあげましょう。改行のやつは見やすいようにいれてるだけ。
reader[“”]のところは「name」ならテーブル一覧、「sql」ならテーブル作成時のSQL文が確認出来ます。

 

■サンプルコード