タグ: フリーソフト

マルチモニタ環境でのウィンドウ移動

マルチモニタ環境で別のディスプレイにウィンドウを移動させたい、、、

基本的に最大化して使用しているときは一度小さくしなければダメですし、
そもそもマウス操作で移動させるのも面倒くさいです。

  

そんなときに便利なフリーソフトがコレ!

■Window Teleport
  → https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se403709.html

上記のURLからダウンロードしてきましょう。
インストールも特別気にするところはなかったと思います。

 

次は設定を確認しましょう。

タスクトレイからウィンドウが移動してるみたいなマークを右クリックして、
オプションをクリックします。
するとWindow Teleport オプションの画面が上がります。

私は赤枠内の設定くらいしかしていませんので基本デフォルトで問題なさそうです。

  

私の設定の場合、左のディスプレイにあるエクスプローラーを右へ移動させるときは
エクスプローラーをアクティブにして「CTRLを2回」叩きます。(オプションで設定したもの)
画面中央に小さいウィンドウが上がるので、この状態で「→キー」を押します。
これでエクスプローラーが右のディスプレイに移動します。

iPhoneの画面をPCへ出力する方法

私が知っている限りでは一番簡単でしたのでご紹介。
ApowerMirrorのインストールから画面出力まで

ダウンロードはココから( https://www.apowersoft.jp/phone-mirror )

 

インストール手順

クリックで拡大します。

①、②はそのまま「はい」→「次へ」

③は「同意する」にチェックをいれ「次へ」

④、インストール場所の設定です。
  基本的にどこでもいいと思いますが、デフォルトで問題ないです。

⑤、デスクトップにショートカットアイコンを作成するのか、
  PCを起動したときにアプリも起動するのかのチェックです。
  好みですが「デスクトップ上にアイコンを作成する」だけでいいと思います。

⑥「インストール」します。

⑦この画面が出ればインストール完了です。

 

iPhoneと接続する

■ApowerMirror側

 画面上の方に「WiFi接続」と「USB接続」がありますが、
 iPhoneはUSB接続に対応していないようですので、WiFiを選択します。

■iPhone側

 コントロールセンター(iPhoneで下から引っ張るとでるやつ)から
 「画面ミラーリング」をタップします。
 そこで「 ApowerMirror 」の項目があるはずなので選択すれば無事完了です。

  

※補足(画面の向きを変える方法)

アプリ上の方にカーソルを合わせると出てくるので
赤枠のアイコンをクリックしてあげると90度回転します。