カテゴリー: Windows (1ページ目 (3ページ中))

Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションの登録方法

Red Hat Enterprise Linuxのサブスクリプション登録についてです。
これをしないと「yum」コマンドでのソフトウェアのインストール等が出来ないみたい。。

 

日本語ローケルのインストールをしようとしたときに出来なくて苦労しました。(↓こんなエラーが、、)
サブスクリプション登録してなくない?みたいなメッセージかな。。

 

Red Hatサブスクリプションマネージャーから確認してみたら、やっぱりダメっぽい。

 

1.サブスクリプション登録手順

ユーザー名、パスワードを求められるので、RedHatのアカウント登録時に使ったものを入力
※アカウント登録時のメールに表記がある「Account Information」のところかな?

 

プールIDを確認する(Red Hat Networkでアクティベートされているものが表示されるみたい)

 

サブスクリプションを割り当てる

 

2.Red Hatサブスクリプションマネージャーで再度確認

今度は大丈夫そう、取りあえず一安心。。
これでいろいろ出来るようになるはずです。

Red Hat Enterprise Linuxの日本語化

1.日本語のローケルがあるか確認

まず、Linux上でコンソールを開き、以下のコマンドを実行。
出力された一覧の中に「ja_JP.utf8」があるか探しましょう。

 

2.日本語ローケルのインストール

以下のコマンドを実行

何回か「yes/no」聞かれますが、全部「yes」でいいでしょう。

 

3.ローケルの設定変更

以下のコマンドを実行

 

4.設定から言語を日本語に変更

左上のアクティビティをクリックし、メニューから「設定」を開きます。

「Region&Language」タブから「Language」を日本語に変更。
再起動しろって出るので再起動してあげて言語が変わっていれば成功です。

仮想環境でRed Hat Enterprise Linuxを使用する方法

Linuxのセットアップでやたら嵌まったので、手順とか書き残しておきます。

環境は以下の通り
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ホストOS:Windows10 pro
・ゲストOS:Red Hat Enterprise Linux 8
・仮想化ソフト:VMware Workstation 15 Player
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1.ディスクイメージ(ISOファイル)のダウンロード

※アカウント登録が必須なので事前に作成しておきましょう。

Red Hat Developer:https://developers.redhat.com/products/rhel/download

「rhel-8.3-x86_64-dvd.iso」こんな感じのファイルがダウンロードできればOK

 

2.仮想マシンの作成

設定は以下の画像の流れで問題ないと思います。

インストール元はディスクイメージで、先ほどダウンロードしたものを選択。
ユーザー名、パスワードは好きなもので。Linuxのログイン時に使います。
ディスク容量の指定では「仮想ディスクを単一ファイルとして格納」を選択。

 

3.仮想マシンの起動、Linuxのインストール

2で作成した仮想マシンを選択し、「▷」で起動します

いろいろ処理が進んでいきます。

VMware Tools Linux版のインストールとか出てきたら併せてやりましょう。

 

さて、もろもろ終わったらアカウント選択の画面が出るので、パスワードを入力して「Sign In」!

以下の画面が表示されれば完了です!

Microsoft EdgeでIEモードを使用する方法

この前、自分が嵌まったので備忘録として。。

環境やEdgeのバージョンによりけりなのかもしれませんが、基本的には
設定>規定のブラウザの所にIEモードを使用可能とする設定があるはず。

※URL(edge://settings/defaultBrowser)の直打ちや、設定でこの画面が開かない場合は
Edgeのバージョンが古かったりするはずです。記事書いてるときは以下バージョンになります。

 

さて、問題はこの方法で出来ない場合だと思います。

私の環境では、そもそも規定のブラウザの設定箇所に
「Internet Explorerの互換性」の項目が表示されていませんでした。

これ以下の作業はあくまで上記の方法で出来ない場合に行ってください。

 

1.管理用テンプレートをダウンロードする

「Select channel/version」、「Select Build」には自分のEdgeに合ったものを
「Select Platform」には自分のPCの情報を入力しましょう。

そしたら「GET POLICY FILES」でダウンロード開始!
「MicrosoftEdgePolicyTemplates.zip」があれば成功ですね。

URL : https://www.microsoft.com/en-us/edge/business/download

 

2.ZIPファイルの中身を配置する

必要なファイルは3つあるので、それぞれ配置していく
・MicrosoftEdgePolicyTemplates/windows/admx/
  msedge.admx → C:/Windows/PolicyDefinitions

・MicrosoftEdgePolicyTemplates/windows/admx/en-US/
  msedge.adml → C:/Windows/PolicyDefinitions/en-US

・MicrosoftEdgePolicyTemplates/windows/admx/ja-JP/msedge.adml
  msedge.adml → C:/Windows/PolicyDefinitions/ja-JP

 

3.ローカルグループポリシーエディターから設定を変更
※Proのみ使用可能な機能。Homeの方は使用可能にする方法があるようです。

コンピュータの構成>管理用テンプレート>MicrosoftEdgeと進み、
「Internet Explorer統合を構成する」の設定を変更します。

未構成 → 有効、Internet Explorer統合を構成する → Internet Explorerモード

 

4.Edgeの起動ショートカットを変更する

Edgeのショートカットのプロパティを開き、リンク先の末尾に
「- -ie-mode-test」と付け加えます。

そこから起動させることで、右上「・・・」の「その他ツール」に
「Internet Explorerモードで再度読み込む」が表示されるはずです。

 

これで以上、参考になれば幸いです。

【リモートデスクトップ】NumLockが勝手にONになる

以下の環境でのお話になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゲスト(接続する側):Windows10 pro デスクトップ端末
ホスト(接続される側):Windows10 pro ノート端末
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リモートデスクトップ接続後にホスト側のノートをいじると
何かキー入力がおかしなことになってる。。

よくよく見たら「NumLock」がONになってたので、OFFにして再び作業開始。
しばらくしたら、またONに。。

いろいろ確認していたら、どうやらゲスト側の「NumLock」がONの状態で
「NumLock」がOFFの状態のPCにリモートデスクトップ接続するとこうなるらしい。

同じ現象で困ってる方いましたら参考にどうぞ

【Oracle】プロファイルの作成

今回は、Oracleのプロファイル作成についてです。

個人で登録するときに入力項目について悩んだので、サンプルをのせておきます。

だいたい悩むのは以下の3つくらいだと思います。
「所属・役職名」には「個人」
「勤務先電話番号」には「自宅番号か携帯便号」
「会社名」には「自分のフルネーム」

Oracleの案内にも記載があるので参考にしてください。

Windows10で端末の初期化に失敗する

環境:Windows10 pro 32bit

自分のPCが最近不調なので端末の初期化をしてみることにしました。
その際にだいぶ躓いたので同じ事が起きている人がいたら参考にしてください。

初期化の前に確認することとして以下のものが調べると出てきますね。
今回は以下の条件を満たしてかつダメだったパターンになります。
・ウイルスソフトのアンインストール
・ドライブの十分な空き容量の確保
・高速化スタートアップの設定をオフにする。

 

発生していたこと

Windowsロゴマークを右クリック → 設定 → 更新とセキュリティ → 回復タブから「開始する」
削除方式は「設定ファイルを保持する」でも「全削除」でもいいと思います。(今回は全削除)

この後、初期化の準備、再起動が走ります。
問題はその後で、画面指示に従って進んでいくと以下のエラーが発生し、初期化に失敗します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PCを初期状態に戻す時に問題が発生しました。変更は行われませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

解決するまで

結論から書くと、Windowsの更新プログラムである「KB4524244」が起因して発生している事象でした。

コントロールパネル → プログラムと機能 → インストールされた更新プログラムを表示
何個かある括り(グループ)の中の「Microsoft Windows」を探します。
その中の「Microsoft Windows(KB4524244)のセキュリティ更新プログラム」を
アンインストールすると解決しました。
※通常のアプリケーション同様に選択してアンインストールでOKです。

 

KB4524244のバグが修正されてリリースされれば、インストールされていても
初期化の問題は発生しなくなるかもしれませんね。

【SQL Server】saアカウントでログイン出来ない(SSMS)

発生していたこと

SQL Server認証を使い、saアカウントでログインしたかったのですが出来ない!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ユーザー ‘sa’ はログインできませんでした。 (.Net SqlClient Data Provider)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


調べてみると、そもそもセットアップの時点で何かしないと
SQL Server認証が
無効になっていることがあるらしい。
Windows認証で取り敢えずログインし、設定を変更する必要があるみたいなので変えてみます。
※サーバーのプロパティ → セキュリティ → サーバー認証を「Windows認証、SQL Server認証」に変更

すると再起動しろ的なメッセージが出るので、サーバー名を右クリックから「再起動」を行います。

 

解決するまで

上記、サーバー認証の種類の変更にて解決された方は見なくてOKです。

設定変更を行い、今度こそ!と思ってログインしてみましたが、今度は少し
違うエラーメッセージが出てログイン出来ず、、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ユーザー ‘sa’ はログインできませんでした。理由: このアカウントは無効です。
(.Net SqlClient Data Provider)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

設定を見直していたところ、saユーザーのログイン権限が無効になっていました。
※saユーザーのプロパティ → 状態 → 「無効」から「有効」に変更

これでSQL Serverを使用したログイン、saユーザーでのログインが出来ました。
参考になればうれしいです。

【SQL Server】エラーが発生して接続できない(SSMS)

発生していたこと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(サーバー名) に接続できません。

SQL Server への接続を確立しているときにネットワーク関連または
インスタンス固有のエラーが発生しました。サーバーが見つからないかアクセスできません。
インスタンス名が正しいこと、および SQL Server がリモート接続を許可するように
構成されていることを確認してください。 (provider: SQL Network Interfaces, error: 26 –
指定されたサーバーまたはインスタンスの位置を特定しているときにエラーが発生しました)
(.Net SqlClient Data Provider)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

解決するまで

Windowsのサービスが停止していたことに起因する事象でした。
SQL Srever(SQLEXPRESS)の実行状態が「停止」の状態に、、、

この画面はファイル名を指定して実行から「services.msc」やコントロールパネルから開けます。

右クリックでもプロパティからでも問題ないですが、サービスを開始して状態を「実行中」に
なるようにしましょう。すると正常に接続できるようになりました。

これだけが原因とは思いませんので、解決策の1つとして見て頂ければ幸いです。

« Older posts