今回はVBAで16進数からRGB値を算出し、
それに対応した背景色を設定する方法について(以下参考)

マクロは以下のコピペで動くと思います。(A2に16進数が入力されていることが前提)

■5行目
 →関数「R」「G」「B」を定義する。

■7行目
 →まず、Mid関数で「A2」セルの下2桁を抽出します。
  その後、頭に「&H」を付け、「&HAF」の文字列にする。
  CInt関数で数値型に変換を行うと「&HAF」→「175」になり、
  Rの値が算出できます。(8、9行目も同様なイメージ)

■11行目
 →7、8、9行目で出した値を
  「C2」、「D2」、「E2」の各セルへ格納

■15行目
 →Interior.Colorにて「F2」の色を
  RGB値に対応した色で塗りつぶします。

 

※補足(RGB値の設定箇所について)

背景色が設定されているセルにフォーカスを当てた状態で
塗りつぶしアイコンから「その他の色(M)」で以下の画面